Translate

What's realnecorecords ?

What's realnecorecords ?

”岩手県盛岡市を拠点にのびのびとした生活のための音楽とその残りカスを発信するレーベル”
"We are the music label based in Morioka city, Iwate JPN
that is creating music and some droppings for our free and easy life"

2015/06/06

【いきなりディスクレビュー!】 佐々木龍大 - Lullaby (2nd Album)

でんでんむしむし かたかたつむつむ (2枚使い)

先月向井理の結婚ロスで入院してた時、突如現れたババアに尿瓶に入れたピスで人生を占ってもらったのがきっかけで、音楽ライターになりました。

どうも、DJ禿鷹 aka 一身上のツィゴイネルワイゼンです。


ディスクレビューですが、
今日は前回に引き続き、佐々木龍大さんの作品を取り上げてみようと思う。

彼のセカンドアルバム「ララバイ」だ。

こういうセンスは、彼の真骨頂ですね。
何となくですが、
彼のポーズがイアン・デューリーの"New Boots and Panties!!"を思わせます。(表)


「メッチャメチャにしてやったぜ!」と言わんばかりのドヤ顔ポン子も良いね。(裏)



前提として、今回のアルバムは先行の7inchと同様に全編「弾き語り」である。

1st"Brew Guitar"は彼の自宅やスタジオで作られた「スタジオワーク作品」でもあったが、
今回は、バカ殿も喜ぶ「ズバッと1発録り」である。

そしてなにより、そのロケーションこそ今回のキーポイントである。
釜石鉱山のグラニットホールである。
このホールに関しては、このアルバムのプロモーションにおいていくつかすでに語られているので深くは触れない。というか、僕はまだ行ったことがないので表現できないだろう。

端的に言うと、本物のリヴァーブ効果を存分に得られる特殊な場所ということで、
そりゃーもう、楽しいでしょう。銭湯よりも広いリヴァーブ感だ。

でもこれ、楽しいって思えるのは、「そんな特殊な場所での録音をプラスに持っていける自信というかヴィジョン」を持っていたからだと思う。

全編弾き語りという選択が、ここでの録音アイデアの前からすでにあったかどうかは分からないが、この場所が弾き語り表現にプラスに働くと感じたのだろう。

事実、ギターをかき鳴らすような曲は今作品に無い。
ゆったりと爪弾かれるギターからは「程よい隙間」が感じられ、そこに見事な残響音がスーンと入り込んでいる。

「メイク落とし&化粧水」の高級品という感じだ。と言っておけば、誰かをムカつかせることが出来るっしょ。


曲で言うと、ラジオオンエア曲でもある「BYE BYE BYE」では、後半の"I'm not honest man"と歌うあたりでそのた~~~っぷりのリヴァーブ、堪能できます。
この曲は、とても素敵だ。初めて聴いた時から、なにかしらでリード曲になる気がしていた。

アルバムタイトル曲の「Lullaby」は新曲で、これはもうノラ・ジョーンズの1stに入ってても良い感じ。

字数の割合では思いっきり負けそうですが、リヴァーブの話と同じぐらい重要なポイントとして
佐々木龍大の初のインスト曲も収録されている点。

彼とユンテラ(佐々木龍大番頭、YUNBAND、momonjah)のユニット、Hatir(ハトル)ではインスト曲があったが、
彼のソロとしてのインストに僕はPOPな要素を感じました。
1番2番ブリッジ3番という流れって言うんですかね。

思い出した。(話が脱線のフラグ)
ハトルで「ロッキンホース・オブ・ベイビー」という曲があったが、あれは水道から水がシンクに滴る音とかも録音されていたねー。

今回の作品でも、そういう(いや、生活音じゃないんだけど)心地よいノイズっていうの?が入っているんだなーと。

で、面白いなーっと思ったのが、
先行7inchにも収録されていた「GOLDEN SHIP」。

間違わないでほしいが、これは7inchとは別テイクなのでご安心を。
アルバムは釜石鉱山グリニットホール録音。
7inchは、カーネルスタジオ録音です。

先のディスクレビューにも書いたように、7inchではこの曲が3分台に収まっているのに対して
アルバムでは、なんと6分40秒もある。

やはりこのリヴァーブ効果もあってか、さらにゆったりとした演奏を残響音がキレイに包み込むので
こんなにテンポが遅くてもまったく気にならないというか、心地よいのだ。

同じ曲を同じ演奏形態でやるのに、こんなにも変化する「ロケーション・マジック」と
そのマジックを感じ取ってそれ用のタネ(トリック)を作り出すセンスが、彼の魅力なのだろう。

そう思って聴いてみると、ここではない場所での彼の演奏・ライブも聴きたくなってくるでやんしょ?
(今後のライブ動員数に結びつく一言)


そして、この作品を作り上げたもう一人の立役者、エンジニアの金谷さん。

録音というか、集音というか、
ホールの各場所に立てたマイクで声、ギター、リヴァーブ音、その他その時その場で鳴っていた様々な音を拾い、ライブともスタジオともつかない特殊な場所での演奏を、よく作品に練り上げたと思う。


さあ、レコ発ライブも終えて、各地に歌いに行くであろう彼のライブは、その時その時でこのアルバムと違う、でもこのアルバムの様に素晴らしいヒトトキになるでしょう。

伸びの良い歌声が、このリヴァーブの様にスーーーーンと世界に伸び響いてくれることを願って。





次は、まったく身内じゃない方の作品を紹介します。



0 件のコメント:

コメントを投稿